おちょこ。

4月 25th, 2011

あるメールのやり取りをしていて

「いつまでも、おちょこ高見でいてくださいね」

と送られてきたので

「え?おちょこ?おい、ちょっと、こら、のおちょこ?」

と聞き返したら送られてきたのが、まずこの画像。

「ええっ?」

わけわからんと思っていたら送られてきたのがこの画像。

「力作です。家宝にしていいよ」

ですと!?

ちょ!

失礼ですよ!!

手がこんでる(笑)!!!

多感期でした。

4月 22nd, 2011

美しい花を愛でて心を落ち着けましょう。

・・・久々過ぎる日記。
何しとったんじゃい。

ええ。
この2週間ばかし、カオスだったもので・・・。

ま、舞台チラシを創っておったのです。
そう、ビールも飲まず(たまには飲んだけど)、睡眠時間を削り削り。
この期間、
「今、神経が高ぶっているから」
とソワソワしているかと思えば朦朧としていたり、
自分の名前を打つと「多感期」と誤打ちしてしまっていました。

×多感期⇒○高見

変換までされちゃってね、はは。
多感期・・・きゃ。なんだか恥ずかしい。
「ジュンコ」を「ジョンコ」と打ち間違うことはあっても、これ(多感期)が頻発するなんて予想外な朦朧っぷりだぜ。

「ちょっとしたことで心が動くってことは若々しくていいと思います」
と慰めてもらったりね。
へへ、ありがとう、皆やさしいね。

そんなことはどうでもいいんですが。

デザインに使用する切絵が、思った以上に時間がかかりまして。
やっぱり、アイディアも出てくるし、色づかいも慎重に組み合わせたいから悩むし、
何より妥協が絶対できない(気が収まらないとも言う)。
そして。
アナログの手作業は得意だけど、デジタル作業に何回も脳みそはじけ飛んでました。
はじけ飛びつつ、コマチバルくん(高見のHPを作ってくれてる友達)やティモコ先輩(女優でありながらクリエイターであげくお洒落リーダー)に優しく支えられて無事入稿。
印刷会社の方も本当に親切に応対してくださいました。
皆様、ありがとうございました!!

とは言え、すり上がりまでは心臓がにょろっと口から出そうです、緊張。
あとチケットも作るんだ―。
がんばろー。
早く観てもらいたいけれど、もうちょっと我慢。

出演もするので一緒にお知らせいたします^^

集中だぞえ、うさみちゃん。

4月 10th, 2011

飲みの誘いをいただきつつも。

集中。

チラシ用のデザインに取り組みます。

明日は、チラシの打ち合わせを主宰さんと行います。

お花見いきたーい。

ぶひーーーー。

誘惑に負けずにいられるか、否。

4月 8th, 2011

おはようございます。
やー、日記久しぶり。
最近は何をやっているかというと、大急ぎで舞台チラシを製作しておりまして。
自分も出演させていただくのですが。
常に緊張(間に合うのかしらってやつで)。
もうね、すぐ気持ちの余裕無くなっちゃうから。
ハアハア、ハラハラ。

ハラハラしながらも渡部ラム出演の舞台観劇したり(面白かった!!)。
観劇後は早く帰って作業しようと決めていたのに、
昨年の舞台の猫の会メンバー達に会って嬉しくなってついつい飲んで帰ったり。

ハラハラするのはこういうときの誘惑に勝てない自分を知っているから。
だよな。
うん。
でも会えるときに会いたい人達と一緒に過ごしたいと思う今日この頃だから、よいのだ。
作品は、また来年の展示にも登場する予定ですので、お楽しみに。
心身ともに削って、尖らせて、作っております。

写真は。
先日とあるお手伝いをしたお手伝い料として、
お酒の仙人みたいな人(ただの酒飲みだけど)いただいた素敵Beerの皆様。
なんだかね、飲んだことのないものばっかり!
ショコラ ブルワリー、Kyara、アロガントバスタードエール、キャスティールという種類らしい。
リボンがかかっているだけで嬉しさも倍増。
わー、ショコラ気になる!
早く飲んで感想を伝えたいけど、ご褒美にしたいよねー。
チラシができたら・・・というところまで、誘惑に負けずにいられるか、否。

出演情報。

4月 2nd, 2011

 

ボタタナエラー第12回公演 『モンモン ハウス』
2011年7月27日(水)~31日(日) 

於:下北沢「劇」小劇場

http://www.botatana.com/

終了いたしました!!

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました^^

夢こそ真。

4月 2nd, 2011

行きたい行きたいと思っていた、
ヤン・シュヴァンクマイエル展に行ってきました(最終日でした、間に合ったー)。
彼はチェコのシュルレアリズムの第一人者で映画界の巨匠です。
その彼が映画に使用したたくさんの写真の展示を行っていました。
私はアリスと言えば、どれよりも彼の作品が一番好きなテイストです。
彼の作品は子供のころに観た悪い夢のようにグロくて残酷で、斬新。
小物の一個一個までこだわりを感じます。
8月には映画も公開とのことなので、ぜひ観に行きたいー。

展示品は、写真を手で切って、色んな部分を重ねており、立体的なコラージュみたいなもの。
この重ね合わせた一枚を、さらにいくつも作って、動画にしてくんだなあと思うと。
一体どのくらい写真使ってるんだろうと思いました。
手で切っている感が非常に親しみを感じました。
自分のそういうことしたりするけど、やっぱり違うなあと思いました。
というかここまでやっちゃっていいのね、と。
いい刺激をもらえました。

rechill*ayasuiの展示を今年も行う予定でしたが、
チラシのお仕事をいただいたり、
舞台が夏と冬に2本決まったり、
2012年の舞台のワークショップオーディションを受ける予定があったり、
と。
年内に満足のいく作品と作品数を用意できないと判断し、来年に延期しました。
きっと暖かくてプラプラしやすい時期になるんじゃないかな。
それまでは、月に1回集まって、打ち合わせと作業で準備をしていく予定です。
楽しみにしてくださっている皆様、ごめんなさい。
でもやるならちゃんとやりたいので。

ということで、にわかに忙しくなってきました。
がんばるぞー。

写真は、シュヴァンクマイエルのフライヤーと、恵比寿で見つけた素敵な折り紙(チョコのケースみたい)。
もちろん切絵に使います。